ホーム>スタッフブログ>2015年10月

2015年10月

犬のスキンケアの3本柱!!

こんにちは
 
tokuです。
 
いまや欠かせなくなったワンちゃんのトリミング。
シャンプーでは汚れを落とすだけでなくスキンケアの部分もあります。
では犬のスキンケアはどんなものなのでしょう?
 

犬のスキンケアは、女性のスキンケアとしと同じで、「洗う」「潤す」「補う」の3つです。

①「洗う」 :汚れは、界面活性剤配合のシャンプーで、細菌は抗菌成分が配合されたシャンプーで、油はクレンジングオイルで落とす必要があります。何を目的に洗うのか。それにより使用する種類も変更することが重要です。
 
②「潤す」:シャンプー療法後には保湿成分が流出してしまい、皮膚が乾燥してしまいます。シャンプー後には保湿剤で潤すことが大切です。
 
③「補う」:原因として不足している成分や保湿した成分が逃げ出さないようにカバーする必要があります。 薬用シャンプーをしても効果がない、ベタベタが取れないという際に、皮脂が原因になっている場合が多いです。
 
 
上記の3つのことから本当に正しい犬のスキンケアを行うためには、クレンジング→シャンプー→保湿剤の3つのラインナップが大切です。
 
犬の皮膚の状態に合わせてこれらを効率よく組み合わせてシャンプー療法を行うことで、アトピー、アレルギー、脂漏症などの治療の一助になっています。 
 
 
 
参考までに。
 
ではでは

シニア犬・シニア猫になったら見直しましょう!!

こんにちは

 

tokuです。

 

現在国内で飼育されている犬・猫の約半数7歳~8歳以上のシニアといわれています。

飼い主の方はシニア期になったら【食事】【運動】を見直しましょう。

 

[食事の見直し]

高齢用フード使用するようにしましょう。

シニア用フードは消化機能低下に合わせて消化率を高め、エネルギー量を高めてくれるなど高齢期に取りたい栄養成分を豊富に配合したものを選びましょう。

 

[運動の見直し]

あえて特別なトレーニングは必要ありませんがお散歩時に坂道のコースや八の字などの道を歩くだけでもストレッチや左右の筋力強化につながります。

猫ちゃんの場合はタワーを用いたり、家具の配置を変えて刺激を与えてみましょう。

シニア期からの早めの対策をすることで病気の予防や老化の進行を抑えることができます。

 

ではでは

 

 

ウンチが臭わない袋登場!!

こんにちはTOKUです。

本日は新商品をご紹介。

ワンちゃん・ネコちゃんのウンチ臭いますよね(笑)

生理現象ですのでしょうがないのですがお散歩でのフンや・猫トイレの砂などその独特なにおいは気になります。

そんなときはこちら

うんちが臭わない袋 BOS ペット用 シリーズ

 

 

 

ぜひお試しください。

ではでは