ホーム>スタッフブログ>2015年3月

2015年3月

お散歩 テクニック [第5章]

みなさん、こんにちは。

YUKIです。

暖かくなり、出掛けやすい時期になりましたね。

新幹線も開通したので、

お出掛けされる方も多いのではないでしょうか?

今日は、『リーダーウォーク』の残りのステップについてご紹介します。

 

⑤ワンちゃんが遅れる時はターンする。

 

⑥飼い主さんの動きに合わせないとワンちゃん自身の首にショックがかかることが分かってくると、飼い主さんを見て歩くようになる。

 

⑦飼い主さんが止まったらワンちゃんも止まり、座って待てるのが理想。

 

⑧ワンちゃんが止まって座れたら、ここではじめてワンちゃんを見て褒めてあげましょう。

 

このように『リーダーウォーク』をマスターして、

落ち着いてお散歩ができたら、ワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても、もっともっとお散歩が楽しいひとときになるのではないでしょうか?

 

では、また次回~。

 

食べてもいいの? [猫・マグロ編]

こんにちは。

YUKIです。

ネコちゃんが食べて良いのか悪いのか

『マグロ』ついて書きたいと思います。

ネコちゃんの飼い主さんの中でも、

マグロのお刺身が好きな方も多いのでは?

ネコちゃんと一緒に食べたいと思ってあげても良いかなと思う一方、

これまでのブログを見てくださって、

「ちょっと待てよ…。これはあげても大丈夫だろうか?」

と、考えてくださった方、

ありがとうございます。

今日の結果は、あげてもいいんです。

赤身魚はネコちゃんにとって必要なタンパク質が豊富なので、

少量なら与えても問題ないそうです。

 

目安は、「月に一回、赤身を刺身一切れの半分」です。

 

トロはどうなんだろう?と思った方!!

赤身に比べてトロは脂肪分が多いため、避けた方が良いそうです。

ではでは~。

 

食べてもいいの?[ホウレンソウ編]

こんにちは。

YUKIです。

 

今日は、「ほうれん草」をワンちゃんに

あげていいのか悪いのかについてお伝えしたいと思います。

 

葉物野菜として少し高いけれど、

おひたしやサラダ、お味噌汁などにも入っている

食卓に並ぶことの多い「ほうれん草」。

 

冷凍にしておけるので、便利食材ですよね。

そして、人間にとっては、栄養価の高いお野菜ですが、

ワンちゃんにとってはどうなのでしょう?

 

ワンちゃんにとっても人間と同じように

 

赤血球を作るもとになる鉄分とβ-カロテンを含んでいるので、与えても良いのです。

 

しかし、同時にカルシウムの吸収を阻害するシュウ酸を含んでいるため、

ゆでて水洗いして、シュウ酸を減らしたものを与えてあげましょう。

細かく刻んで、小さじ1杯程度が目安です。

(体重5㎏の健康な成犬の1日当たりの分量です。)

それでは次回をお楽しみに。

さようなら~。

 

お散歩 テクニック

みなさん、こんにちは。

YUKIです。

ワンちゃんがおりこうで楽しく散歩をするためのルールをご紹介したときに、

飼い主さんを引っ張ってお散歩に出かけてしまうワンちゃんの話をしました。

飼い主さんによっては、「うちの子は元気がいいから」

そのままにしている方もおられるのではないでしょうか。

しかし!!それは、しつけや安全のためにもよくありません。

思わぬ事故やトラブルの原因になってしまうかもしれません。

 

人の横について歩けるようになることを(リーダーウォーク)目標にしましょう。

『どうして引っ張るのか原因が分からない…』とお困りの方。

 

原因は主に4つあるそうです。

今日は、その中の二つご紹介します。

 

①ワンちゃん自身が群れのボスだと思っているため。

 ワンちゃんにとって一緒に暮らす家族は、群れの仲間だと思っています。

 先頭を歩くのは、群れのみんなを守ろうと頑張っている証拠だそうです。

 しかし、あくまでも先頭を歩くのはワンちゃんではなく、

家族(飼い主さん)の役割です。

 

②他の家のワンちゃんの方に行きたいと思っているため。

 こちらは友好的に近づいて行ったとしても、
相手のワンちゃんによってはトラブルになってしまいます。
飼い主さんの許可なく他のワンちゃんに向かっていくことは、NG!!
マテで制止できることが理想です。
いかがでしたか?
 
 
ぜひ試してみてください。
 
ではではー

食べてもいいの?[カニカマ編]

こんにちは。

YUKIです。

今日は、ネコちゃんにあげていいのか悪いのかシリーズ第4弾!!

みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

 

本日のお題は・・・

「カニカマ」!!

 

お出掛けの時に持ち運びも楽ですし、

お家にいる時にも冷蔵庫から出して、

ビニールを取って…「はい、どうぞ!」

なんて、お手軽なものだと思います。

しかし…ここにも落とし穴があるんです!!

「カニカマ」もネコちゃんに与える時は、注意が必要な食品の一つなんです。

加工する時に様々な調味料や食品添加物で味付けされてできている「カニカマ」は、

ネコちゃんにとって塩分が多過ぎてしまうのだそうです

よって、泌尿器系の病気になったことのあるネコちゃんには与えないでください。

どうしても食べたがってしまう…という時は?

月に一回、2cmくらいならば、大丈夫なんだそうです。

ご参考までに~。

 

それでは、また次回。。。さようなら。

 

食べてもいいの?[かつお編]

こんにちは。

YUKIです。

 

だんだん暖かくなってきて、

お外で日向ぼっこをしたり、

お散歩しているネコちゃんたちを見かけることが多くなってきた、今日この頃…。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

今日は、ネコちゃんが食べていいのか悪いのか

『かつお』についてご紹介します。

 

ネコちゃんにはお魚というイメージが強いので、

ついついお刺身や焼き魚をあげてしまうことはありませんか?

お刺身で…というと『マグロ』や『かつお』が、

食卓に上るというご家庭も多いのではないでしょうか?

 

そんな『かつお』は、

ネコちゃんにとってエネルギーを生み出すナイアシンという物質を多く含むので、

少量なら与えても良いそうです。

 

目安は、「月に一回、刺身一切れの半分」です。

与えすぎると肝臓に炎症を起こす黄色脂肪症の恐れがあるようですので、ご注意を!!

それでは、さようなら~。

食べてもいいの?[白菜編]

こんにちは。

YUKIです。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

この時期、大活躍の野菜『白菜』。

みなさんどのように料理されていますか?

焼く・煮る・漬ける…など

調理法は様々ですが、

旬の食材をワンちゃんにも食べさせてあげたいですよね。

あげてもいいのか悪いのか…

答えは、与えても良い野菜なんです。

 

『白菜』は、ワンちゃんにっとってトラブルが少ない野菜なんだそうです。

 

ビタミンCやカリウムが豊富でキャベツと似ている成分を含み、

そしてキャベツよりも低カロリー、食物繊維も多くないので安心食材です。

与える時は、ゆでて細かく刻み、10g程度を目安にしてください。

(体重5㎏の健康な成犬の1日当たりの分量です。)

 

ではでは~

 

スプリングSALE開催中!!

こんにちは

バディーズでは現在スプリングセールを開催しております。

それぞれ数に限りがあるアイテムですので早いもの勝ちです。

 

またセール期間中にもどんどんアイテムが追加されていくのでチェックしてみて下さい。

 

 

SALE

いつものお散歩が間違ったしつけに・・・・[第3章]

こんにちは。

YUKIです。

 

今日はみなさんに

ワンちゃんがおりこうで楽しく散歩をするためのルール其の三をご紹介します。

其の三:『散歩はメリハリが大事!』

 

外の世界は、ワンちゃんにとって刺激が多い世界です。

地面のにおいをかいだり、落ちている物を食べてしまったり…、

ちょこちょこ動くので目が離せないですね。

病気にならないかとか、けがをしないかとか、心配になってしまいますね。

そこで、ワンちゃんを危険に遭わせないために

リーダーウォークを練習することが大事なんだそうです。

しかし、落ち着いて、飼い主さんの横について、

お散歩をするには時間がかかるかもしれません。

練習をして、上手に歩けるようになったら、

公園などの広いところで自由にワンちゃんを歩かせたり、

ロングリードで走らせたり、ボール遊びをして、

ワンちゃんの遊び心を満足させてあげましょう。

お散歩にはメリハリが大事ということなんですね。

ルールを守って、楽しく安全にお散歩を楽しんでくださいね~。

それでは、また次回~。

いつものお散歩が間違ったしつけに・・・・[続編]

みなさん、こんにちは。

YUKIです。

 

ついつい、ワンちゃんのお散歩は、

同じ時間の同じコースになってしまいがちですよね。

ワンちゃんがおりこうで楽しく散歩をするためのルール其の一をご紹介します。

前回、少し触れましたが、

ルール其の一:『散歩の時間やコースを決めないこと』

まず、いつも同じ時間に散歩をしていると、

ワンちゃんが時間を覚えて催促するようになってしまいます。

そうなってしまうと、行けない時にうるさく吠えられてしまったり、

ワンちゃんにとってもストレスになってしまい、大変です。

時間は決めず、定時に散歩が習慣にならないようにしましょう。

そして、散歩コースが毎回同じだと、

ワンちゃんのナワバリ意識を高めてしまいます。

「買い物ついでに…」、「時間があるから遠出をしてみよう!」など、

無理のない範囲で、お散歩を楽しんでみてくださいね!